Co-Writing(共作)のこと。

Hej!こんにちは!

SUEKIKI(スエキキ)こと、ミズノ スエミです。


とっても久しぶりにブログを更新します。

今日は私がやっているCo-Writing(共作)のことについて。

と言うのも、実は近日、コーライティングで作った楽曲が一つ世に出たんです!!!

それがこちら↓

22/7(ナナブンノニジュウニ)

8/21(水)リリース 4th Single「何もしてあげられない」カップリング曲「君はMoon」


22/7は秋元康さん総合プロデュース、Sony MusicとANIPLEXがタッグを組んだアイドルプロジェクトで、来年1月にはアニメ化も決まっています。


私は過去にシンガーソングライターの井上苑子ちゃんなどにもコーライティングで楽曲提供をさせていただいてるんだけど、今回も久しぶりに尊敬する作家の皆様と制作できて本当に嬉しかったです。


コーライティングは、いわゆる共作です。

バンドではなくて、作曲詞家、シンガーソングライターなどのクリエイターが集まって楽曲を作ります。


日本だと例えば米津玄師さんとか、一人で詞曲・アレンジまでやる!みたいな素晴らしいクリエイターが注目されがちだけど、

歌は歌えないけどめちゃくちゃカッコいいアレンジが出来るとか、キャッチーな歌詞が書けるとか、それぞれ得意分野を持つ作家さんは沢山いるんですよね。


海外ではこの作曲方法って当たり前で、例えばエドシーランの曲もほとんどがコライトされてます。


私は大学生の時、たまたま受けたシンガーオーディションがきっかけで

日本を代表するコーライティングオーガナイザーの方々に出会いました。


それまで、歌や音楽で世に出るためには自分一人の力でやっていくしか無いんだ!


と典型的なシンガーソングライターあるあるの感情で

ライブ活動やら何やらをしていた私ですが、自分の歌声が必要とされるパターンの曲作り、完成まで持っていかないラフな音源を提案してみて、そこから誰かと一緒に作り上げていく曲作りなどなど、色んな形の音楽との関わり方があるんだなと気づきました。


これってバンドの曲作りと似ているんですけど、

シンガーソングライターとかで一人で楽曲制作している中で、自分のスキルを活かして誰かと曲作りしてみたいって方には本当におすすめ。

詳しいことを知りたい人は本を読んでみても良いし、

日本を代表するコーライティングチームであるCo-Writing Farmにお問い合わせして見てみたりすると良いかもです^^

作家育成の講習なども定期的に開催されてます。


そんな私は何と明日からCWFの皆さんと

台湾へライティングキャンプに行ってきます!!!!!!

初アジア!! 

有給とった!!笑


海外でのライティングキャンプは初めてなんですけど

とてもワクワクしています。良い歌が歌えるように頑張ろう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そしてもう一つお知らせが・・・

10月に久しぶりにライブ出演することが決まりました!

まだ詳細発表前なんですが実は、(発表しちゃう)

2020年上旬にSUEKIKI(スエキキ)名義で新たに企画を計画していて、その前にKIKIとして最後にLIVEをしたいなと思い、組んでもらいました。

詳細は以下になります。

///////////////////////////////////////////////////////////

10/3(木)オハラマル プレゼンツvol.2

OPEN18:30/START19:00/1ドリンク別

■場所:club251(下北沢)

■料金:前売¥2,500 当日¥3,000

■出演者:DIRTLAY、KIKI、オハラマル、umi

///////////////////////////////////////////////////////////

チケットは、直接私に枚数・お名前を添えてご連絡いただくか ▶︎Instagram DM

プレイガイド ▶︎https://t.livepocket.jp/e/251191003 (9/1〜発売)

からお求め頂けます。


昔歌っていた曲を何曲かやろうかなぁと思います。

ぜひ、遊びに来てくれると嬉しい。


それでは・・・

台湾行きの準備進めます!!!!(まだ何もやってない)


良い休日を^^

2019.August.31

スエミ




0コメント

  • 1000 / 1000